オフィスを見守るシンガプーラテツ.

ヘルスケア分野でのICT事業の立ち上げをご支援します

全ての企業には歩んできた歴史や大切にしている文化があります。 JDAは、お客様の強みを生かした、新たなヘルスケア戦略の実現をご支援します。
医療・健康分野におけるプラットフォーム事業の立ち上げを戦略立案からサービス開発まで一気通貫でご支援しますの画像

医療・健康分野におけるプラットフォーム事業の立ち上げを戦略立案からサービス開発まで一気通貫でご支援します

私たちのミッションの画像
私たちのミッション
新型コロナウィルス対策の画像
新型コロナウィルス対策
コンサルタント募集中の画像
コンサルタント募集中

JDAとは

ヘルスケア分野でICT事業の立上げをご支援するコンサルティング会社です

全ての企業には歩んできた歴史や大切にしている文化があります。 JDAは、お客様の強みを生かした、新たなヘルスケア戦略の実現をご支援します。 特に私たちが強みとしているのは、戦略の落とし込みのフェーズです。戦略はできてもサービス開発や営業展開がうまくいかずプロジェクトが停滞、という話は枚挙にいとまがありません。 JDAはヘルスケアに特化し様々な新規事業を立上げてきた実績があります。まずはお気軽にご相談ください。

あらゆる産業がヘルスケアを意識する時代

新着情報

2020/10/02

ヘルスケア新規事業企画のオンライン無料相談サービスを開始しますの画像
ヘルスケア新規事業企画のオンライン無料相談サービスを開始します

2020/03/10

事業拡大に伴い、サテライトオフィスを中央区日本橋にオープンしましたの画像
事業拡大に伴い、サテライトオフィスを中央区日本橋にオープンしました

2020/01/09

コンサル部門の新卒採用を開始しましたの画像
コンサル部門の新卒採用を開始しました

サービス

私たちの得意とするサービスについて、気になる方はお気軽に問い合わせください。

戦略コンサルティング

医療ビッグデータ解析

システム開発PMO

選ばれる理由

医療プラットフォーム立ち上げの専門家集団
JDAは、ヘルスケア分野の新規事業開発に特化し、その実現に向けて必要なサポートをご提供しています。 弊社コンサルタントは、国内トップクラスの医療機関/研究機関、様々な分野の製薬/医療機器メーカーに対し、デジタルヘルスサービスの戦略立案、技術検証、事業立ち上げに多数従事してきました。 全員が、様々なプロジェクト経験を通じて日本が直面している超高齢化や医療財政のひっ迫状況に強い問題意識を持ち、デジタル技術で医療・健康分野のイノベーションを推進するための専門エージェンシーを立ち上げました。 現在、GAFAのような世界規模の目場プラットフォーマーが次々とヘルスケア分野に参入している中、長い間業界の発展を支えてきた国内の既存企業のデジタル変革を促進し、業界内発的なイノベーション、業界独自の情報プラットフォームの実現をご支援していきます。
医療プラットフォーム立ち上げの専門家集団の画像

医療プラットフォーム立ち上げの専門家集団

スピードと質を両立させる、アジャイル型のプラットフォーム開発の画像

スピードと質を両立させる、アジャイル型のプラットフォーム開発

ヘルテック分野のスタートアップとの連携の画像

ヘルテック分野のスタートアップとの連携

東洋医療や動物医療も含めた幅広い実績の画像

東洋医療や動物医療も含めた幅広い実績

メンバー

小沢 一世
2002年3月:東京理科大学工学部経営工学科卒業 2002年4月:ソニーマーケティング株式会社入社 ウォークマン・テレビ事業における経営管理に従事 2005年10月:ブリッジインターナショナル株式会社入社 コンサルタントとして法人営業の改革プロジェクトに従事 2008年4月:アクセンチュア株式会社入社 経営コンサルティング本部CRMグループに所属し、製薬企業のマーケティング戦略立等を支援 2012年10月:株式会社セールスフォース・ドットコム入社 製薬企業向けアカウントエグゼクティブとして、CRMアプリケーションの販売・導入に従事 2013年10月:日本アイ・ビー・エム株式会社入社 コンサルティング事業部ヘルスケア・アナリティクス部の責任者として多数の製薬/医療機器メーカー様のデジタルヘルス事業の立ち上げを支援 2020年1月:ジャパン・デジタルヘルス・エージェンシー株式会社設立 代表者社長に就任
綾部 賢治
外資系コンサルティングファームに3年半所属。 主に医療業界での新規事業立ち上げに関わり、新規事業のビジョン作成、投資対効果算出などを行ってきました。 また事業立ち上げ後のビジネス要件定義、システム要件定義にも携わっています。 その他ネイティブアプリの開発チームをリード、自らコーディングをしてきた経験があります。 新規事業立ち上げをしたい、新規事業 を立ち上げたが上手く行っていないという皆様。JDAとともに課題解決をしていきましょう!

プロジェクトNEWS

JDAが支援している鍼灸プラットフォームに関連したニュースを発信していきます

2021/5/20

鍼灸つながるカルテ@instagramの画像

鍼灸つながるカルテ@instagram

2021/4/1

鍼灸院検索サイト『健康にはり』オープンです✌️の画像

鍼灸院検索サイト『健康にはり』オープンです✌️

2021/1/6

鍼灸プラットフォームの画像

鍼灸プラットフォーム

働く環境

ミニベロ自転車で快適通勤

オフィス内をニャンタが見守り

他社との若手勉強会を定期的に実施

カフェ風のサテライトオフィス

隅田川に面した開放感あふれるロケーション

コラム

 医療における患者主体の共同購入モデルの画像
医療における患者主体の共同購入モデル
国による医療費抑制が進む中、全国の病院ではコスト削減の一環として、医療材料を中心とした「共同購入」の動きが加速しています。 国内最大級の共同調達組織である日本ホスピタルアライアンス(NHA)には既に 256病院 が加盟しており(平成31年4月現在)、そのバイイングパワー(購買力)を武器に、医療材料メーカー等のサプライヤーとの価格交渉を有利に進めることで、病院経営の改善を図っています。 病院経営としては、医療材料などの医療サービスとして差別化に繋がらない部分の調達は、共同購入によって徹底的なコストダウンを図り、その削減した資金を病院個々の独自性に投資し競争力を高めていくことは、正しいアプローチですし、結果的には患者さんの利益にもつながります。 さてここから本題に入りますが、見方を変えて、患者さん同士がグループを作り共同購入するというモデルは存在し得るのでしょうか? 日本の医療は、公的な保険診療のため、処置料、薬代、入院費等、全ての価格は国が決める制度となっています。普通に考えると共同購入は考えられません。 しかし、一部に「保険適用外」となる医療サービスがあります。代表的なものとしては、特殊な遺伝子検査や未承認の抗がん剤治療などがあげられます。 いずれも 公的な医療保険が適用されない、新しい医療技術や薬剤になり、 高いものになると数十万~数百万円 を患者さんが自己負担しないといけません。 そして公的保険適用外となると診療メニューは 病院ごとに料金を自由に設定できるので、(あくまで理論上ですが)共同購入による割引が可能だと考えています。 病院側のメリットは、 -同時に複数の患者を獲得して大きな収入を得られる -希少疾患であれば症例研究ができる また、 製薬メーカー、医療機器メーカー、検査会社にもメリットが出てきて -共同購入によって、今まで経済的に受療できなかった患者さんからの申し込みが増える -患者さんが増えることで、その治療や医薬品の効果を示すエビデンスデータが増える → 保険適用される可能性が高まる 経済力やこれまでの商慣習から考えると、 共同購入による割引の補填は、製薬/医療機器/検査会社 が担う流れになると思います。 もし、この3者メリットが同時に成立するモデルが実現できれば、経済的なゆとりがなく多額の費用がかかる先進医療や自由診療を受けることができない、癌や難病で苦しむ患者さんを救うことができるはずです。 特に「難病」は患者さんの絶対数が少なく、製薬メーカーも積極的に投資できないため、難病分野はなかなか新薬の開発が進まないのが現状です。 JDAはこの問題に真摯に向きあい、 重病を患っている患者のために、保険外治療の共同購入モデルの具現化を模索していきたいと考えています。 貼り付け元 <https://jda.co.jp/rare_disease/patient-co-buying/>
 【デジタルヘルス事例】健康寿命を延伸するデジタル技術の活用①の画像
【デジタルヘルス事例】健康寿命を延伸するデジタル技術の活用①
以前の記事で、デジタルヘルスとは「 デジタル技術を活用して健康寿命を延ばすことを目的とした、広義にはビジネスのコンセプト/概念であり、狭義にはサービスまたは製品」であると述べました。 →(前回)デジタルヘルスとは ここでは、健康寿命を延ばすためにデジタル技術がどのように使われているのか、今後どのように進化を遂げていくのかについて、お話していきます。 まず最初に、健康状態を長く維持するためには ①  なるべく病気にならないように予防する ② 具合が悪くなったら、すぐに治療を開始する ③ (主治医が)最適な治療法を選択する ④ 治療中あるいは治療終了後、悪化/再発しないように気を付ける この4つをしっかりやっていくことに尽きます。誰しもが分かっている当たり前のことですよね。 実はデジタル技術を使う目的は、この当たり前のことを より楽に 誰でもできるようにするためのものなのです。 それでは、①から④まで、順番に考えていきたいと思います。 ①なるべく病気にならないように「予防」する 早寝早起きの規則正しい生活、腹八分の食生活、毎日1万歩以上は歩き、ストレスフリーの生活を送ることが健康にいいことは誰もが知っています。 ところが、知っていることとやれることは別ですよね。 毎日健康を意識して、色々な誘惑に負けず、自分を律しながら生活できる人は少ないのではないでしょうか? デジタル技術は、(意識高い系ではない) 普通の人の「行動変容」を促すことに一役買います。 例えば、あなたに24時間365日張り付いて、全ての行動を記録するアシスタントが付いたとします。 そのアシスタントは、あなたの傍について、何時間寝た、何時間ゲームをやった、何カロリーの食事をとった、どれだけ運動した、何時間笑った、何時間怒られた、全ての行動をデータとして記録していきます。 そしてアシスタントはそれらを集計し、あなたに毎日レポートします。そのレポートには、あなたのデータだけでなく、あなたと同年代、あるいは同じ職業の人達との比較ランキングまでついています。 生活習慣の改善に努めるとその成果は全てデータに反映され、他の人達にも共有されます。場合によっては、今通院している病院の主治医や、健康保険組合、あるいは加入している生命保険会社にも共有され、みんなから賞賛を得て、うまくいくと毎月の保険料が少し安くなるかもしれません。このような成功体験を経験することで、もっと努力しようと好循環が生まれていきます。 残念ながらアシスタントを雇うと毎月何十万かかりますが、スマートフォンやウェアラブルデバイスされあれば、同じようなことができてしまう時代になってきたのです。 それでは実際の予防系サービスを紹介していきます。 運動管理 社会人になると、学生時代は引き締まっていた体も 1年1キロのペースで体重が増えて40歳が近づくころにはメタボ体形、そんな人はたくさんいます。でも忙しい社会人生活を続けながら、定期的な運動や食事制限を継続することは、終わりのないマラソンを走り続けるようでとても根気のいるものです。 そこでデジタル技術を使った様々な運動サポートサービスが提供されています。 FiNC おしゃれに筋トレ ゴホービ 365日スクワット Muscle Booster 仲間と一緒にダイエット Strava デジタル技術を使うポイントは、 例えば、 目標体重を入れるとその人に適する運動トレーニングメニューを自動的に作成してくれたり、 歩くごとに溜まるポイントで健康食品モールでお買い物ができたり、一人では続かない人向けに仲間と一緒にやれるようにしたりと、様々な方法でモチベーションを維持してくれる点にあります。 運動不足が原因となって発症する疾患は、 糖尿病、肥満症、高脂血症、高血圧症 などがあり、これらが進行すると 心筋梗塞や脳卒中などの循環器疾患に発展するリスクが高まります。健康寿命の延伸にとって、定期的な運動は欠かせません。 食事・栄養管理 スマホのカメラでこれから食べるものをカシャっと撮るだけで、画像からカロリーや糖質や塩分を計算し、AIが色々な栄養バランスを考慮したアドバイスをしてくれるスマートフォンアプリが提供されています。 カロリーDiet あすけん Dreem 2012年頃から、睡眠×テクノロジーに注目が集まりましたが、当時は
なぜ今デジタルヘルスが脚光を浴びているのかの画像
なぜ今デジタルヘルスが脚光を浴びているのか
なぜ今デジタルヘルスが脚光を浴びているのか 今、様々な産業の中で最も注目を集めている1つが「デジタルヘルス」または「ヘルステック」と呼ばれる、医療×テクノロジーの分野になります。 デジタルヘルスを一言でいえば デジタル技術を活用して健康寿命を延ばすことを目的とした、広義にはビジネスのコンセプト/概念であり、狭義にはサービスまたは製品になります。 いつの時代もどこの国でも、誰もが健康であり続けたいと願っているのに、なぜ ”今”、あるいは ”今更” 健康が注目を浴びているのでしょうか? まず日本の平均寿命の推移を見てみましょう。 厚労省 平均寿命の国際比較https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life18/index.html 日本は、50年間で10歳以上寿命が延びて、世界トップレベルの長寿大国となりました。 一方で、健康寿命はどうでしょうか? 健康寿命とは 「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」 です。 つまり、簡単にいうと、自立して元気に暮らせている期間になります。 なんと、私たちは健康上の問題で日常生活に制限が出てしまう期間がおおよそ10年もあるのです。 人類は文明の進歩によって生活水準や衛生水準を向上させ、高度な医療技術を手に入れたことで、昔は救えなかった命を救えるようになりました。しかし、その反面、人生を終える最後の10年間は、通院や入院の生活が中心になり、やりたいことが満足にできない期間になっているのです。 実は、この問題は日本に限った話ではありません。スペイン、フランス、スイスなど、経済先進国で且つ高齢化率が高い国は、いずれも平均寿命と健康寿命の差が10年近くあるのです。 これでお分かりいただけたかと思います。 私たちのこれからの課題は「高齢者になっても病気にならず介護が必要のない期間を如何にして延ばしていくか?」ということなのです。 このような背景があり、デジタルヘルスの市場は今後ますます拡大していくと言われています。 出典:富士経済 https://www.fuji-keizai.co.jp/press/detail.html?cid=19009&view_type=1 では、これから数回に分けて、デジタル技術を使ってどのように健康寿命を延ばしていくか?それをビジネスとしてどう実現させるか?についてお話していきたいと思います 貼り付け元 <https://jda.co.jp/digital_health/what-is-digital-health/>

#デジタルヘルス@SNS

2021年05月18日

undefinedの画像

デジタルヘルスに関するEUの研究開発プログラムで、世界9ヵ国(ドイツ、フランス、イタリア、ギリシャ、アメリカ、カナダ、日本、中国、韓国)のコンソーシアム・プロジェクト「IDIH」 縁あって、僕と、さわらびグループはStrategic Partnerとして日本事務局を務めています。 そこで、お知らせです! 6/1〜4で、オンライン世界会議をIDIH Weekを開催します! 日本の少子超高齢化は大変な課題ですが、どうやってアクティブで健康な高齢社会を創っていくかは、実は世界的も同じ課題であり、そして、どうテクノロジーやデジタルヘルスによって解決していけるのかっと大きな関心が集まっています。 日本の経験や新しい取り組みを世界にしっかりと発信したい また世界のデジタルヘルス領域の情報をしっかりと掴んでおきたい そういう方にピッタリな国際会議となっております。 またエキスパートグループ委員会では以下の4つのメイントピックスとなっています。 •Preventive Care •Integrated Care •Independent and Connected Living •Inclusive Living 日本のエキスパートの先生方のご紹介はまた追ってさせていただきます! 開発者、研究者、ケアプロバイダー、ユーザーグループなど、元気で健康な高齢社会「Active and Healthy Ageing」を目指すための取り組みを行ってる日本にいる多くの皆さん、 また興味を持たれた方は、是非ご登録を! https://idih-week-2021.b2match.io #デジタルヘルス #ヘルステック #IDIH #医療 #福祉 #アクティブ #AHA #高齢 #国際会議 #コンソーシアム #さわらびグループ #idihweek #global #consortium #dx #healthyageing #international #collaboration #sawarabigroup

2021年06月13日

undefinedの画像

・2021.06 下記を目的に設立しました。 【#ウェルネスコミュニティ総研 】#大学連携  ・ 「身体的」「精神的」「社会的」に健康で暮らし続けるようになるためのサービス、コンテンツを検証、分析、実装します。 シニアは、ITリテラシーの向上を望んでいることが 今回のアンケート結果ではっきり出ました。 あと、何かにお役立ち、活躍したいということも👏 ・ 『physical/mental/social』 #WellnessCommunityResearchInstitute#WCRI #アクティブシニア よりも#パッシブシニア passive #エイジテック#agetech シニア活躍の場 #サ高住#ccrc#地方創生#コミュニティ IT #etravel #VR #esports#ロボット ゲーム #wellness#フィットネス#フード#健康#美容#ヨガ #移住#ワーケーション#デジタルヘルス#ヘルステック #ウェラブル  --------------------------------- 『主旨』 高齢者や子育て世代、若者等多世代かつ多様な背景を持つ方々が積極的に社会とかかわり、地域で活躍し、健康で自己実現を達成できる生活が可能な社会の確立を目指します。 ・ (1)高齢者が社会とつながりを持てる社会の実現のための調査、研究、各種サービスの企画及び提案 (2)子育てしやすい地域社会実現のための調査、研究、各種サービスの企画及び提案 (3)多世代コミュニティ交流及び活躍の場、コミュニティ事業の拠点等地域社会との繋がりづくりを支援する事業 (4)(1)~(3)に関連する学習、学びに関する事業 (5) 同、「健康づくり」に関する事業 (6) 同、「食」に関する事業 (7) 同、「ICT、AI、VR等テクノロジー」に関する事業 (8) 同、「オフィスの開発、運営」に関する事業 (9) 同、「住まいや宿泊」に関する事業 (10) 同、「地方創生、CCRC(生涯活躍のまち)」に関する事業 (11)地域のコミュニティづくりに資する事業の開発、企画またはその啓発、広報、出版事業 (12)高齢者及び障碍者の就労、雇用及び社会生活全般を支援する事業 (13)サービス付き高齢者向け住宅及び有料老人ホーム等の商品企画、入居者募集に関する代理業務 ----------------------------- #storyinc#社会活動家 #荻原優 ・

海外プロジェクト

国内の研究機関と共同で開発したAI病理診断システムをタイの国立病院様へ試験導入
バンコク市内の移動はボートがメインでした🛥の画像
バンコク市内の移動はボートがメインでした🛥
希少疾患は専門病理医が世界中で不足。の画像
希少疾患は専門病理医が世界中で不足。
さあ本番いよいよスタート🤛の画像
さあ本番いよいよスタート🤛
AI病理診断システムの利用方法を現場の先生方に説明👨‍🏫の画像
AI病理診断システムの利用方法を現場の先生方に説明👨‍🏫
プロジェクトで開発したAI病理診断システムを院長にプレゼン!の画像
プロジェクトで開発したAI病理診断システムを院長にプレゼン!
病理診断のプロセスを入念に観察✌️の画像
病理診断のプロセスを入念に観察✌️
タイの国立病院の病理医の先生方と!AIシステムの導入おつかれさまでした!!の画像
タイの国立病院の病理医の先生方と!AIシステムの導入おつかれさまでした!!
プロジェクトメンバーでDinner♪ バンコクの夜景は素敵でした!の画像
プロジェクトメンバーでDinner♪ バンコクの夜景は素敵でした!
バンコク市内の移動はボートがメインでした🛥
頑張って仕事してきてよかった〜と思ってしまうほど美しい夜景でした!!